MENU

不倫離婚率が高いと思われる男性の行動(前編)

不倫と離婚について!

 

既婚者の男性が、家庭を放棄して愛人を選び、離婚を選択する。
その確率が高いのはどんな場合なのでしょうか?

 

離婚する確率が高い【不倫男性がとる行動】

 

不倫が見られているイメージ

 

不倫男性における「家族と一緒の時間」の量と「離婚」は比例するという事実

 

まず離婚する可能性が高いのは、不倫相手の彼が家をあける時間が増えた場合です。
普通は朝出社した後、家に帰ってきてから寝るまでの時間は家族と一緒にいる時間のはずです。
それが減ってきたとなると、離婚の確率は高いといえます。

 

その理由として、奥さんの就寝中に自分が帰宅したとき、
わざわざ奥さんが起きてくるのが申し訳ないと感じ、家族と顔を合わせるのが嫌になったり、
子供から「パパ」と呼ばれると罪悪感を感じるようになってしまった、などがあります。

 

その結果、家から逃げるように土日にも「休日出勤だ」といって出ていったりするのが特徴なのです。

 

一人ふらつく男性

もちろん、家から出て行った後で愛人と会っている、
という場合も多いのですが、愛人に会わずに一人でいることもあります。

 

では、そんな時には何をしているのかというと、翌日に彼女とデートの約束があれば、
その準備をしていたりします。

 

尾行していても誰とも会わないので、「今日は一人なんだな」と思っていたら、
翌日の彼女とのデートで昨日買った洋服を着ているということもあります。

 

その他、人によってはパチンコ屋に逃げているという場合もあります。」

 

 

 

不倫専用のデート場所が確保されている場合には離婚率が高くなる

 

不倫で離婚する前

比較的お金が自由になる医者や経営者の男性は、
不倫のデート資金についてもあまり困ることがありません。

 

しかし、社内不倫などの場合、既婚男性と独身女性の給料体系にも
それほど差がない場合が多いのが現状です。

 

不倫している男性は、さらに家族に対してもお金を使わなくてはならないので、
不倫相手の独身女性よりも所得が少ないということもザラにあります。

 

不倫男性には毎月のお小遣い3万円で、どうやって彼女とのデート代を捻出するか?
について苦労し悩んでいることもよくあります。

 

会社で不倫しているイメージ

その場合、女性がお金の面倒も見てあげている不倫の方が、長続きすると言えます。

 

お小遣いが月に3万円しかないのにデート代がかさみ、お金も時間もかかってくるのが負担となり、
結局自分が時間と場所が自由になるところを作り、そこに愛人に来るようにしてもらっていた人もいます。

 

 

 

デート用のアパートを借りりている
不倫用の部屋を借りてるイメージ
この場合は、カップルの女性がお金を払っている場面をよく見かける結果になりました。

 

つまりこのように、家族とできるだけ離れようとする行動をとりがちな
不倫男性の場合、離婚する確率が高いと言えます。

 

 

 

不倫から始まって離婚する男性についての考察

 

不倫調査の探偵イメージ

言葉より、離婚に向けた実際の行動に出ることが多いのが、
本気で不倫での離婚を考えている男性であるという見解は、実際に不倫調査の場数を踏んできた
探偵では当たり前のお話です。

 

 

男性は何かしらビジネスライクな一面を持っているので、実際に離婚に向けた行動をとるのは、
不倫相手の愛人との人生の方が現在の奥さんとの人生よりも、
自分にとってメリットが多大にあるとの判断を下した時です。

 

 

女性よりも男性の方が社会的、形式的なことを強く意識する傾向にあるので、
「好き」以上のなんらかのメリットがないと、結婚という社会的な枠を壊すこと、
すなわち不倫から離婚という行動をとることは難しくなると考えられます。

 

不倫している二人の女性

また、不倫から離婚へ実際に行動している人をみても、
家庭に帰らず帰宅恐怖症のようになって1年くらいしてから、不倫から離婚へと移行しているケースも多くみられます。

 

つまり、どのくらいの時間を家族と共有しているのかが、
不倫相手の彼が離婚するに至る確率に一番影響をしているのです。

 

 

 

男性が家族との時間をあまりもたなくなる原因として、
まずは不倫をしていることそのものに対する罪悪感もあります。

 

不倫相手のイメージ画像

 

しかしそれよりも、ことの始まりとしては、仕事でストレスを抱えながら
自分が守るべき家族に会うことで、逆に彼らを守る責任感が重すぎてつらいという理由であるのに、
次第に家族との時間が希薄になり、それに反比例するように愛人との時間が増えて、
結果的に不倫から離婚に発展しているケースが多いのです。

 

つまり、きっかけはどんなことであっても、家族と一緒にすごす時間の量の影響は、
不倫から離婚を決意する男性の行動に明らかに出てくるのです。

 

 

逆に、不倫男性が離婚をせず思いとどまる理由で一番多いのは
子供への愛情です。

 

子供が笑っているイメージ画像

 

不倫から離婚を決意していても、ひとまず不倫がバレないために
家にだけはきちんと帰って、家族と過ごしていた場合、
結果として子供と別れることがつらくなって、離婚をふみとどまるという事例もあるのです。

 

 

つまり、家族との時間を持つか持たないかが分かれる最初の動機が何であっても、
その家族との時間の量が、男性がその後に離婚を選ぶのか、それとも離婚をやめるのかという決断に、
大きくかかわってきます。

 

 

 

すなわち、彼女と過ごす時間の量が、不倫男性が離婚を決意しているかどうかを判断するのに
最も分かりやすい材料となるのです。

 

男性がどれだけ家にいるのかという点について、よく調べるようにしましょう。

 

 

【不倫】離婚率が高いと思われる男性の行動(後編)

 

不倫をしている既婚者の男性が離婚する可能性が高いのは、どんな行動をとった場合なのでしょうか?
不倫関係を求めるイメージ画像

 

不倫男性が離婚を選択する確率が高いとされる行動とは

 

 

既婚者の彼は、子供からどのような評価を受けている?

 

不倫相手である既婚男性が子持ちの場合、その子供がお父さんのことを
どのように評価しているかということは、離婚の可能性が高いかどうかを判断する一つの重要なポイントですが、
多くの場合、これは既婚者の男性から語られます。

 

 

例を挙げると、まず離婚の可能性が高いのは、
奥さんがいつも子供に父親の悪口を吹き込んでいる場合です。

 

悪口を言う妻の画像

「お父さんはダメだね」というようなことを自分の子供が言う
といった内容のことを既婚男性が言った場合は、奥さんが子供に対して
父親の悪口を吹き込んでいることを意味します。

 

これは、既婚男性の承認欲求が満たされていないという状態になります。

 

この場合、彼の承認欲求を満たすために、愛人が彼の話をよく聞いたり、
彼を褒めたりというようなことをしっかりとしていると、既婚者の男性は愛人に心が奪われることが多くなるのです。

 

 

既婚者の男性と子供はどんなことをしている?

 

子供が考えてるイメージ

 

既婚者の男性が子供に対して、どんな接し方をしているかということは、
その後の離婚の可能性を予測するバロメーターとなります。

 

子供と一緒に公園に行って遊んだり、子供のためにご飯を作ってあげたり、
一緒にお風呂に入ったりするようなスキンシップが多い人は、たとえ不倫をしていても
結局は家庭に戻る場合が多いといえます。

 

退屈そうな男性のイメージ

一方、家族と一緒に外出しても、いつも買い物に付き合うだけだったり、
外食するだけという場合には、男性の子供に対する愛情が薄くなっていると考えられる場合が多いのです。

 

すなわち、「一緒にいたからいいのではないか」「これで父親の義務ははたしているはず」
などと思っている場合が多く、すぐ後に愛人とのデートに出かけていくという場合もあったりします。

 

以上のように、不倫男性に対する子供からの反応と、男性の子供に対する行動は、
その既婚者の男性に離婚の意思があるかどうかを判断するバロメーターとしているのです。

 

最後まで不倫と離婚の原因解決方法をご覧頂きありがとうございました

 

 

 

http://www.goodnight-movie.jp/
http://audioparasitics.net/
http://xn--u8judyd7512ajgoh4d.net/